2006年08月23日

それから 二の二


 代助と平岡とは中学時代からの知り合で、殊に学校を卒業して後(のち)、一年間といふものは、殆んど兄弟の様に親しく往来した。其時分は互に凡てを打ち明けて、互に力(ちから)に為(な)り合(あ)ふ様なことを云ふのが、互に娯楽の尤もなるものであつた。この娯楽が変じて実行となつた事も少なくないので、彼等は双互の為めに口(くち)にした凡ての言葉には、娯楽どころか、常に一種の犠牲を含んでゐると確信してゐた。さうして其犠牲を即座に払へば、娯楽の性質が、忽然苦痛に変ずるものであると云ふ陳腐な事実にさへ気が付かずにゐた。一年の後平岡は結婚した。同時に、自分の勤(つと)めてゐる銀行の、京坂地方のある支店詰になつた。代助は、出立(しつたつ)の当時、新夫婦を新橋の停車場に送つて、愉快さうに、直(ぢき)帰つて来給(きたま)へと平岡の手を握つた。平岡は、仕方がない、当分辛抱するさと打遣る様に云つたが、其眼鏡(めがね)の裏には得意の色が羨ましい位動いた。それを見た時、代助は急に此友達を憎らしく思つた。家(うち)へ帰つて、一日(いちにち)部屋に這入つたなり考へ込んでゐた。嫂(あによめ)を連れて音楽会へ行く筈(はづ)の所を断わつて、大いに嫂(あによめ)に気を揉ました位である。
 平岡からは断えず音信(たより)があつた。安着の端書(はがき)、向ふで世帯を持つた報知、それが済むと、支店勤務の模様、自己将来の希望、色々あつた。手紙の来(く)るたびに、代助は何時(いつ)も丁寧な返事を出した。不思議な事に、代助が返事を書(か)くときは、何時(いつ)でも一種の不安に襲はれる。たまには我慢するのが厭(いや)になつて、途中で返事を已めて仕舞ふ事がある。たゞ平岡の方から、自分の過去の行為に対して、幾分か感謝の意を表して来(く)る場合に限つて、安々(やす/\)と筆が動いて、比較的なだらかな返事が書けた。
 そのうち段々手紙の遣(や)り取りが疎遠になつて、月に二遍が、一遍になり、一遍が又二(ふた)月、三(み)月に跨がる様に間(あひだ)を置(お)いて来(く)ると、今度は手紙を書(か)かない方が、却つて不安になつて、何の意味もないのに、只この感じを駆逐する為(ため)に封筒の糊(のり)を湿(しめ)す事があつた。それが半年ばかり続くうちに、代助の頭(あたま)も胸(むね)も段々組織が変つて来(く)る様に感ぜられて来(き)た。此変化に伴(ともな)つて、平岡へは手紙を書(か)いても書(か)かなくつても、丸で苦痛を覚えない様になつて仕舞つた。現(げん)に代助が一戸を構へて以来、約一年余と云ふものは、此春(このはる)年賀状の交換のとき、序を以て、今の住所を知らした丈である。
 それでも、ある事情があつて、平岡の事は丸で忘れる訳には行かなかつた。時々(とき/″\)思ひ出(だ)す。さうして今頃は何(ど)うして暮(くら)してゐるだらうと、色々に想像して見る事がある。然したゞ思ひ出す丈で、別段問ひ合せたり聞き合せたりする程に、気を揉む勇気も必要もなく、今日迄過(すご)して来(き)た所へ、二週間前に突然平岡からの書信が届いたのである。其手紙には近々当地を引き上(あ)げて、御地へまかり越す積りである。但し本店からの命令で、栄転の意味を含んだ他動的の進退と思つてくれては困る。少し考があつて、急に職業替をする気になつたから、着京の上は何分(なにぶん)宜しく頼(たの)むとあつた。此何分宜しく頼(たの)むの頼(たの)むは本当の意味の頼(たの)むか、又は単に辞令上の頼(たの)むか不明だけれども、平岡の一身上に急劇な変化のあつたのは争ふべからざる事実である。代助は其時はつと思つた。
 それで、逢(あ)ふや否や此変動の一部始終を聞かうと待設けて居たのだが、不幸にして話が外(そ)れて容易に其所(そこ)へ戻(もど)つて来(こ)ない。折を見て此方(こつち)から持ち掛けると、まあ緩(ゆ)つくり話すとか何とか云つて、中々(なか/\)埒(らち)を開(あ)けない。代助は仕方(しかた)なしに、仕舞に、
「久(ひさ)し振(ぶ)りだから、其所(そこ)いらで飯(めし)でも食はう」と云ひ出した。平岡は、それでも、まだ、何(いづ)れ緩(ゆつ)くりを繰返したがるのを、無理に引張つて、近所の西洋料理へ上(あが)つた。
posted by こころ at 02:35 | トラックバック(0) | それから
この記事へのリンクタグ


この記事へのトラックバック
読書感想文を簡単に書く方法はこちら↓
書き方をネット検索して探すより早いし安心です



■今売れている本
1,500円以上まとめて買えば送料無料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。