2006年06月10日

私の経過した学生時代 一

 私の学生時代を回顧して見ると、殆(ほと)んど勉強という勉強はせずに過した方である。従ってこれに関して読者諸君を益するような斬新(ざんしん)な勉強法もなければ、面白い材料も持たぬが、自身の教訓の為め、つまり続きを読む

私の経過した学生時代 二

 既に中学が前いう如く、正則、変則の二科に分れて居り、正則の方を修めた者には更に語学の力がないから、予備門の試験に応じられない。此等の者は、それが為め、大抵(たいてい)は或る私塾などへ入って入学試験の準備をしていたものである。
 その頃、私の知っている塾舎には、続きを読む

私の経過した学生時代 三

 英語に就(つい)ては、その前私の兄がやっていたので、それについて少し許(ばか)り習ったこともあるが、どうも六(むず)カ敷(し)くて解らないから、暫(しば)らく廃(よ)して了(しま)った。その後少しも英語というものは学ばずにいた者が、兎(と)に角(かく)成立学舎へ入ると、前いう通り大抵の者は原書のみを使っているという風だから、教わるというものの、もともと続きを読む

私の経過した学生時代 四

 成立学舎では、凡(およ)そ一年程も通ったが、その翌年大学予備門の入学試験を受けて見ると、前いうたようにうまく及第した。丁度(ちょうど)それが十七歳頃であったと思う。
 一寸(ちょっと)ここで、此の頃の予備門に就(つい)て話して置くが、始め続きを読む

私の経過した学生時代 五

 不勉強位であったから、どちらかと云えば運動は比較的好きの方であったが、その運動も身体(からだ)が虚弱であった為め、規則正しい運動を努(つと)めてやったというのではない。唯(ただ)遊んだという方に過ぎないが、続きを読む

私の経過した学生時代 六

 丁度(ちょうど)予科の三年、十九歳頃のことであったが、私の家は素(もと)より豊かな方ではなかったので、一つには家から学資を仰がずに遣(や)って見ようという考えから、月五円の月給で中村是公氏と共に私塾の教師をしながら予科の方へ通っていたことがある。
 これが私の教師となった始めで、其私塾は江東義塾と云って本所に在(あ)った。或る有志の人達が協同して設けたものであるが、続きを読む
読書感想文を簡単に書く方法はこちら↓
書き方をネット検索して探すより早いし安心です



■今売れている本
1,500円以上まとめて買えば送料無料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。